LPGAオフィシャルファンクラブサイト
  • トップページへ
  • サイトマップ
  • ログイン

LPGAクラブについて

LPGA CLUB創設のご挨拶

小林浩美

平素より、JLPGA CLUBメンバーの皆さまには、多大なご支援とご声援を賜りまして、誠にありがとうございます。おかげさまで、昨年もたくさんの皆様から応援をいただき、大変な時期を選手や会員とともに乗り越えることができました。

本年度は、JLPGAツアー38大会、賞金総額は42億9600万円となり、単年シーズンにおける最高額を更新しました。また、ステップ・アップ・ツアー16大会、45歳以上のレジェンズツアー3大会、新人戦、3ツアーズと全59大会を開催させていただきます。

これもひとえに、大会スポンサーの皆様をはじめ関係者の皆様、JLPGA CLUBメンバーの皆様、全国のゴルフファンの皆様などの多大なるご支援の賜物と深く感謝申し上げます。

さて、弊協会は今年創立55周年を迎え、JLPGAツアー公認競技におけるすべての大会において、放映権が日本女子プロゴルフ協会に帰属する運びとなりました。大会主催者の皆様には心より感謝申し上げます。

各大会の地上波放送、BS放送、CS放送におきましては、従来通りに大会主催者様のご意向に沿って放送されます。これに加えて、弊協会では、JLPGAツアー一括でのインターネット生配信を予定しております。

選手たちの勢いあるプレーや白熱した優勝争いなど、各媒体を通してプロスポーツの醍醐味を存分にご堪能いただきたく存じます。

また、「選手の育成と強化」が目的のステップ・アップ・ツアーは、今年31年目を迎え、2017年に世界ランキング対象ツアーとなってからは、益々、幅広い年代でたくさんの選手が競い合い、より一層地域に根ざした大会として発展しています。

そして、レジェンズツアーでは、毎年参入するプロが増え、シニア層への元気と健康にアプローチしています。

さらに、弊協会のゴルフ事業として、全国各地で活躍するJLPGA会員とともにJLPGAYouTubeによるレッスンや企業向けレッスン、全国小学生ゴルフ大会やキッズゴルフなどのジュニア事業、シニア層へ認知機能向上に役立つゴルフなど、より多くの皆様の心身の健康の一助になれば幸いです。

盲導犬育成や緑化推進、ピンクリボン活動、「心をひとつに」災害復興支援など、社会貢献事業も継続してまいります。

本年度のJLPGA CLUBの各種サービスに関しましては、昨年同様に新型コロナウイルス感染状況により変動する可能性がございます。

大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

一般社団法人日本女子プロゴルフ協会
会長 小林 浩美